当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

ケガのマネジメント

プレーへの復帰

完治する前にプレーに復帰するプレーヤーは、ケガを悪化させたる、あるいは、他のケガをする重大な危険に自分をさらすことになります。

プレーヤーは、必ず、コーチ、ドクター、または、フィジオセラピストに、フィールドに戻っても問題ないことをテストで確認してもらってから、プレーに復帰してください。

復帰するプレーヤーはRugby Ready(ラグビーをプレーする準備が整っている)であることを証明する必要があります。復帰して問題ないかを確認する際は、シーズンの初めに行うテストと類似したフィットネステストと、タックル、サイドステップ、ジャンプなど、プレーヤーがゲーム中に実際に使うラグビースキルやラグビーの動きのテストを行ってください。

プレーヤープロフィールの情報を使用してパフォーマンスを比較し、プレーヤーがRugby Readyであることを確認しましょう。負傷前と同じパフォーマンスレベルを示した場合は、Rugby Readyであるものとみなされます。

一般的な最良のアドバイスは、痛むならプレーをしないことです。