当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

ケガのマネジメント

軟部組織の損傷

軟部組織の損傷に多いのは、捻挫、肉離れ、裂傷、擦り傷などで、PRICEDの処置に従って処置します。

Protect(保護)軟部組織の傷害が発生した場合、患部が悪化しないよう患部およびプレーヤーを保護することは非常に重要である。これが守られない場合、患部の状態が悪化し、回復が遅くなる危険性が出てくる。
  • 皮膚の表皮剥脱部、裂傷は消毒をして清潔なガーゼ等で覆う。
  • 関節を負傷した場合、テープやブレースで固定するものとする。
  • 荷重(体重をかけること)は避ける。
Rest(休息)適度の休息をとり、組織を癒すことは、負傷の種類に関わらず非常に重要であり、治療の助けとなる。患部を動かして痛みを伴うということは、患部にとってよくないことをしているということを意味している。負傷している部分に体重をかけないこと。
Ice(冷却)冷却は、患部の出血や腫れが悪化するのを防ぐ。砕いた氷と湿ったタオルを定期的に使用すると回復時間を短縮させる効果がある。また氷は受傷直後からの急性期の痛みを和らげるのにも役に立つ。最初の48時間は、2時間に一度、20分間氷を患部にあてる。いずれの場合もペトロリュームゼリーまたはオイルを使用して肌を守り、低温熱傷を防ぐことが重要である。
Compression(圧迫)傷を負った軟部組織を圧迫することにより腫れを抑えることができる。絆創膏をきつく巻いて圧迫するのも、効果的である。絆創膏は、血液循環を妨げたり、ずきずきしたり、傷みがしたりするほどきつく巻かないようにすること。冷却処置をしている間に、絆創膏を巻いておく。
Elevation(挙上)患部を挙上することで腫れと痛みを軽くすることができる。
Diagnosis(診断)資格を持った医療専門家によって適切に早期に診断し、正しい治療法を行うことで、いち早く回復することができる。負傷に不安がある、痛み、腫れがひどくなる、痛みや腫れが48時間経ってもひかないなどの場合は、医療専門家に相談をすること。



冷却は出血と腫れの悪化を抑えるのに効果的である。

挙上は腫れと痛みを抑える。


傷害の診断が終了したら、72時間、HARM を回避します。

Heat(熱)出血、腫れ、痛み、こわばりを悪化させる。
Alcohol(アルコール)アルコールを摂取すると出血と腫れが悪化し、けがの痛みやひどさがわからなくなる。
Running(ランニング)休息が必須。
Massage(マッサージ)マッサージは出血、腫れを悪化させ、回復を遅らせる。