当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

ケガのマネジメント

生命に関わるものではない、または、手足の自由を脅かすものではないケガについて

TOTAPS システムに従い、プレーフィールド上で負傷したプレーヤーの状態を判定する。

手順 評価 対応
Talk(話しかける)「どうしたんですか。」「どこが痛いですか。」
Observe(観察する)患部を観察し、もう片方の側と比べて異常がないかを調べる。(腫れているか、色が違うかなど)腫れたり、変形がみられたりしたら、応急処置の担当者を呼ぶ
Touch(触れる)触れてみて腫れ、圧痛、痛みを調べる触ると痛いなら、応急処置の担当者を呼ぶ
Active movement (能動的に動かす)プレーヤーに患部を自分で動かすように言う。動かせない、または、動かすと痛む場合、応急処置の担当者を呼び、フィールドから出す(体重をかけない)
Passive movement (他動的に動かす)プレーヤーが患部を自分で動かすことができる場合は、プレーヤー以外の人により慎重に正常な動きができるかを調べる。それができない、または、痛む場合、プレーヤーをフィールドから出す(体重をかけない)
Skill test (スキルテスト)能動的および他動的に動かしてみて痛みがない場合は、プレーヤーに立ち上がるように言い、下半身がしっかりと体重を支えられているか、歩くことができるかを調べる。歩くことができない場合は、フィールド外にプレーヤーを退出させること(下半身の障害により体重支持能力がない場合)。それができない場合、プレーヤーをフィールドから出す(体重をかけない)