当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

フィジカルコンディショニング

トレーニングの原則
  • 個別性: 人は、同じトレーニング刺激に異なる反応をする。その主な理由には、遺伝子、もともとのフィットネスレベル、成熟度などがある。
  • 適応: 定期的にトレーニングをすると、より効果的かつ効率的になる生理学的な変化が徐々に起きる。
  • 過負荷: フィットネスを強化するには、継続的にトレーニング量を上げていくこと。
  • 運動量 / プレー 対 休息 / 再生: トレーニングの負荷を挙げていくのが重要である一方、休息と再生の時間も同じように重要である。
  • 特異性: フィットネスは特有のものであり、トレーニングは自分がプレーする競技に求められるものに合ったものでなければならない。
  • 脱トレーニング: トレーニングを長く休止すると、フィットネスレベルの低下または脱トレーニングが付随して起こる。そのため、完全なトレーニング/プレーに復帰する前に、リコンディショニングプログラムを行うこと。