当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

フィールド上でのフィジカルコンディショニングエクササイズ

フィジカルコンディショニングの強化に、特別な用具はあまり必要ありません。この項では、フィールド上でわずかな用具だけでできるエクササイズをいくつか紹介します。このようなセッションは、筋力トレーニングの経験が浅く、機能的筋力もまだあまりないプレーヤーにとって、第一歩となるトレーニングです。体を鍛えてから適切なテクニックを教えていくセッションは、解剖学的適応と言えるでしょう。このような方法によって、プレーヤーは、さらに上級の筋力トレーニングを、安全に、かつ、適切な進め方で身に付けるのです。プレーヤーが、機能評価を行わず、解剖学的適応を経て次の段階のエクササイズを行うことなく、いきなり上級のストレングス&コンディショニングプログラムを行えば、パフォーマンスにマイナスの影響があり、ケガの可能性を増やしてしまう可能性があります。以下に挙げたようなエクササイズは、資格のあるストレングス&コンディショニングコーチの監督のもとで行うことが大事です。

ここで紹介するセッションは、あくまでも、成人チームがフィールド上で行えるものの一例です。回数や時間は、プレーヤーのその時のテクニックや経験のレベルによって決めてください。エクササイズ1から始め、番号順にサーキット形式で行うのが最も良い方法です。一順したら休憩を取り、プレーヤーの経験値とテクニックに合わせて決めた回数だけ、繰り返してください。

1. 腕立て伏せ


姿勢を固め、両腕をまっすぐ伸ばす。胸が地面に着くように体を下げ、胸、肩、三頭筋を使って、元の姿勢に戻す。

エクササイズの間は常に、背中をまっすぐ平らにし、上下運動のコントロールを維持する。肩と腰が一直線になるようにし、お尻が上がったり下がったりしないようにする。

2. 片足バランス


片足で立ち、地面についている方の足を軽く曲げて体重を支える。背中をまっすぐにして前へ身を乗り出し、両腕を左右に伸ばす。もう一方の脚は後ろにまっすぐ伸ばし、少しだけ角度をつける。